化粧品でアレルギー症状が出るのは何が原因?検査や治療方法は?

公開日: 

化粧品の成分でアレルギーを起こしてしまう人がけっこういるようです。

みなさんは化粧水やファンデーションなどの化粧品を使った時にまぶたが腫れたり肌がかゆくなったりしたことはありませんか?

化粧品にはいろいろな成分が入っていますが、化粧品の種類によっても入っている成分が違います。同じ成分でも人によってアレルギーを起こす人と起こさない人がでてきますので、一概に「この成分が原因!」とは言い切れません。

パラペンやレチノールといった成分でアレルギーや肌荒れを起こす人が多くいるようなので、そういった方は「パラペンフリー」などの化粧品を選ぶと良いかもしれません。

今までアレルギーがでなかったのに、急にアレルギー反応が出る方もいらっしゃいます。その場合、意外にも自分の体調などが原因になって化粧品の成分に反応してしまうこともあります。

ひどいアレルギーになった場合は治療しましょう

アレルギー反応が強く出てしまった場合は、すぐにその化粧品の使用をやめて皮膚科に相談しましょう。アレルギーの原因になったと思われる化粧品を持参していくと、自分にあわなかった成分がわかるかもしれません。

アレルギー検査なども皮膚科で行うことができますし塗り薬などを処方してくれますので、民間療法などで対策をするのではなく、きちんと皮膚科で治療してもらうことが早く治すことができる近道です。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

関連記事-こちらもどうぞ

  • 記事はありませんでした

Your Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP ↑